城下町の歴史と田舎を感じる鹿野町。

鹿野町2.jpg
鹿野町4.jpg

​鹿野町と星空をたのしむ。

東部エリアマップ.png
鹿野町1.jpg

​鹿野町と星空をたのしむ。

鹿野町は山に囲まれたまちで空気が澄んでいます。夜鹿野町に来たことがある方ならご存知かと思いますが夜空を見上げるとそこには満点の星空が浮かび上がっています。私たちの地元ではクラフトビールを製造する地元企業もあり、鳥取の食材ショウガや様々なフルーツなどを使って地ビールの製造をしております。夜ビールを片手に鹿野を散策してみても楽しいかもしれませんね。

 また、鹿野町には国民宿舎山紫苑という温泉宿泊施設があります。近年新たに増築された旅館で温泉と地元の料理を楽しむことができます。

 山紫の露天風呂でキレイにきらめく星空を眺めながら、ゆっくりとお風呂を楽しめる『星見プラン』があります。県外の方、地元の方も大歓迎です。もちろん朝食、夕食付のプランで00,000円~(お一人様)となっております。時期によってご案内が異なりますので詳しくはお問い合わせください。

鹿野町星空メニューの件に関しましては

下記フォームにてご連絡下さい。

鹿野​あかり本願衆担当者 ​直通問い合わせフォーム

送信ありがとうございました

鹿野町3.jpg

​鹿野町は

司馬遼太郎が「街道を行く」に“人通りはない。通りは水の底のように静かで、ときどき京格子の町屋や、白壁に腰板といった苗字帯刀身分の屋敷などが残っている。ぜんたいに、えもいえぬ気品をもった集落なのである。”と記した町、鹿野。鹿野城跡と城下町の風情が残るぬくもりあふれる町です。

鹿野温泉は昭和29年に開発された比較的新しい温泉で、昭和41年に国民保養温泉地の指定を受けました。

泉源は豊富で泉質もマイルド。周辺部は山陰特有の緑豊かな山々に囲まれ、澄み切った空気で満ち溢ており、心身のつかれをほぐすのに最適の場所です。

鹿野町は戦国時代の鹿野城主・亀井氏によってつくられた城下町で、ゆかりの史跡が多く残されています。単に温泉による保養にとどまらず、城下町の風情を感じ取れる温泉地となっています。